プロフィール

理化学機器関連の計測分野に40年以上に渡り携う機会を頂きました。 特に、後半25年は、バイオ分野のイメージング技術によるその計測技術の素晴らしさや魅力について感化され、その原理や応用を様々な技術雑誌に寄稿させて頂くと同時に、国内での固定化した応用に疑問を感じ、多様性の方法についてご研究者のご要望に合う表現方法を探求し、更なる拡張性に努めて参りました。

 今回、新会社設立により、更にその拡張性についてご研究者のご要望を お聞きしながら、使い易いシステムをご研究者にご活用頂き、その社会貢献が出来るように努めて参ります。  下記にその発表した技術雑誌への寄稿リストをご紹介致します。

【蛍光技法】 

1997年 『顕微鏡の使い方ノート』羊土社
 第4-6章 セクショニング光学顕微鏡による三次元画像解析
2003年 改訂『顕微鏡の使い方ノート』羊土社  (Page 99-123)
 CCDカメラを利用した画像処理法 (高梨 哲哉氏と協執)
2011年 改訂第3版『顕微鏡の使い方ノート』羊土社 (Page 210-213)
 超解像度顕微鏡 SIM法、高解像度3Dライブセル光学顕微鏡

【光音響技法】

2017年 『光アライアンス』日本工業出版(株) 3月号 (Page 4-10)
  高分解能光音響3D顕微鏡(PAM)による生体イメージング
2018年 『JSMI Report』日本分子イメージング学会 機関誌
 (Work in Progress) 最新技術: (Page 70-74)
  リアルタイム型光音響イメージング計測へのプロローグ